デザインと共に暮らす

2013.05.16

バンブーデザインは竹細工の会社ではない。

バンブーデザインで検索するとトップにでますが、竹専門の会社ではありません。竹の写真は数多くありますが、趣味で撮影しています。

以前、トヨタ自動車の仕事で竹一筋に撮影している名古屋在住の高間新治氏の画像をお借りしてデザインをしたことがありました。1921年生まれでシベリ抑留体験があり、帰国後初めて目にした雪の重みと寒さに耐えながら、幽玄とたつ故郷の竹林に自らの姿を重ねシャッターを切って依頼65年以上「竹」を取り続けています。
1963年のフォトアート展で受賞したときの審査委員であった土門拳より「竹屋の高間」とニックネームをもらったと話をされていました。数々の画集をだしています。

ここで竹の種類の違いを話します。
「孟宗竹」は節輪が1本でくすんだ緑色をしている。
「真竹」は節輪が2本で、細い竹は光沢のある深い緑色をしている
「破竹」は節輪が2本で、上の輪も比較的に角張っていて幹が全体に白っぽい。

■関連記事

このブログについて

株式会社バンブーデザイン企画室
代表・竹田良雄のブログ
『デザインと共に暮らす』

竹田良雄/YOSHIO TAKEDA
代表取締役社長・プロデューサー

最新記事

記事の画像

  • random image
  • random image
  • random image
  • 091120_03
  • random image
  • 091027_003
  • ENNKAI_4
  • random image

カテゴリー

バックナンバー

その他

創立三十余年の実績と信頼 バンブーデザイン企画室