デザインと共に暮らす

2010.07.17

韓流はお好きでした。

打合せで有楽町に出かけた時、東京国際フォーラム前で韓流スター『リュ・シゥオン』を待ち受ける大勢のファンがいました。話には聞いていましたが実際に見てビックリです!!
日本女性は韓流がお好きですね。

韓国ながれですが4年前、仕事の息抜きを兼ねて男3人で韓国を旅したときの画像も掲載します。
・南大門が焼失するまえに見学した画像、衛兵の交代式をみることができた。
・コリアハウス(韓国の家)では韓国舞踊を観賞してから伝統料理を味わう。
・韓国民俗村(ハングク・ミンソクチョン)では朝鮮時代後期の生活像を再現した建造物を見学。

KAN_3

KAN_2

KAN_4

KAN_6

KAN_5

KAN_7

2010.07.15

小千谷にてへぎそばを食す

創業明治22年の小千谷そばで有名な「角屋」で、へぎそばを高校時代のテニス部先輩にごちそうになりました。

「へぎ」とは、片木と呼ばれる器に載せて供されることからこの名が付いた言葉で、「剥ぎ」が語源で剥ぎ板を使い作った四角い器のようです。

小千谷そばは 良質のそば粉を使い、つなぎに布海苔を使って打ち上げています。打ち方も工夫をこらしているので腰の強さと歯ざわりそしてのどごしは実にいいです。最近メタボなので食事を控えていますが、不思議と腹の中に吸い込まれていきます。

HEGI_1

HEGI_3

2010.07.12

国内最長の河川長岡市を流れる信濃川

信濃川の始まりは、山梨県・長野県・埼玉県の県境に位置する甲武信岳、この山から長野県内を千曲川として延々と流れ新潟県に入り信濃川と名を変えた後、日本海に向かいます。

長岡市のシンボル「長生橋」は全長851mあり昭和12年にトラス工法で建造された3代目の橋で長岡市の川東地域と川西地域を結ぶ重要な橋で実に景観の美しい橋。

長生橋より上流に行くと2004年に新潟県中越地方を震源として発生した直下型地震で全国で感動を与えた長岡市塩見町の男児救出劇の場所があります。この場所は、小千谷バイパスから分かれる道路(三国街道589)で上越線沿いを走る道路で80mmの大雨が降る時は通行止めになります。

SHINANO_1

SHINANO_2

SHINANO_3

SHINANO_4

このブログについて

株式会社バンブーデザイン企画室
代表・竹田良雄のブログ
『デザインと共に暮らす』

竹田良雄/YOSHIO TAKEDA
代表取締役社長・プロデューサー

最新記事

記事の画像

  • NOUGYOU_1
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image
  • random image

カテゴリー

バックナンバー

その他

創立三十余年の実績と信頼 バンブーデザイン企画室